バレンタインデーといえば

意識していないからか、縁が皆無なせいか全く気にしておらずいつのまにかバレンタインデーが来ましたね。
バレンタインデーで思い出しましたが、某漫画の主人公いわく2月14日というものは
バレンタインデーではなく『バレタデー』で、バレると困ってしまうことを知ってる人に賄賂としてチョコをあげて
根回しする日だそうです。

ということは、私は物凄く大量のチョコレートが必要ですね!
などという冗談はその辺にしておいて、皆さんは収穫はいかがだったでしょうか?
あげる側だという方は結果は如何ほどでしたか?

私は当然の0個です(キリッ
周囲では貰ったチョコレートの数を競うような会話をしていたり、所謂恋話で盛り上がってました。
街を歩いているとカップルを普段以上に多く見たような気がします。幸せそうで何より。
コンビニやデパートに入ると当然の如くバレンタインコーナーが作られており
主に女学生たちが気合の入った買い物を楽しんでいました。

こういうのって他人の成り行きを見守る分には非常に楽しいんですよね。
当事者になると緊張で心臓が破裂しそうになりますが・・
お店でチョコレートを買う人が多いと思いますが中には手作りのチョコレートを用意する猛者もいるのでしょうね。
興味があったので検索してみて驚いたのですがチョコレートって意外と作るのが大変みたいです。

え?簡単だよーと言う方もいるかもしれませんが、泡立て器を使用する時点で
私にとってはそのへんの料理よりも難易度の高い内容なのです(笑)

でも、そういった苦労があるからこそ手作りチョコの価値は上がるのでしょうね。

幼稚園卒園から小学校入学

つい先日、うえの子(男の子)が幼稚園を卒園しました。
入園したときは小さかったのですが、卒園する頃には少年の様に随分大きくなりました。
といっても幼稚園にいる間は男の子の中で年少、年中、年長と一番せが低かったのですが・・・
初めて幼稚園バスに乗るときは大泣きして逃げまわって、先生に捕まえられて行ったのですが、
数日もすると幼稚園が楽しいのか自分から大きな声で挨拶してバスに乗っていました。
参観日のときは親が幼稚園に見にくるのがうれしくて、みんなの真ん中にでできて自身満々で歌を歌ったりしていました。
運動会の時もいつも張り切って何日も前から走る練習とかしていました。
しかし、かけっこは3年間ビリばかりでしたが本人はみんなと走ることが楽しくていったって機嫌よくいつも全力でした。
お遊戯会のときは、主役では無いけれど、そこそこの役を2役もすることになって、
家にかえる度に他の子の役のセリフとかまで大きな声で練習していました。
そんな楽しい日々を過ごした幼稚園も先日卒園式でした。
親達は感極まって泣いていましたが。
子供自身は卒園の意味がよくわかっていないのか、明日また〇〇君を〇〇して遊ぶ!をか言っていました。

で、今度は小学校です。
幼稚園と同じように毎日楽しく過ごしてくれると、親としてはうれしいのですが・・・

最高の離婚が面白かった。

3月に終わったドラマの最高の離婚が本当に面白かった。
今までに見たドラマの中でも何本かの指に入るくらいの面白さで私はHDDに全話録画したくらいだ。
やっぱり瑛太は抜群にうまい、うますぎる。
ラッキーセブンの時とは打って変わっての役どころで、それなのにどちらも役に入り込めるし、とっても素敵だ。
元妻役の小野真千子さんもずぼらで、でも元旦那を別れても大好きな気持ちが痛いほど伝わってきて、これまた上手だった。
瑛太の元カノ役の真木よう子は、きれいで可愛くてそれだけで目が離せなかった。
今一番のお気に入りの女優さんだ。
その真木よう子さんの元旦那役の綾野剛は、あの役そのものって感じで何の違和感もなく入り込めた。
結局、このドラマは出ている役者さんだけで満足できるうえに、脚本も素晴らしくて毎回目が離せなっかったんだと思う。
毎週木曜日が待ち遠しくて仕方なかった。
だから4月に入って見れなくなっても、録画を見返して楽しんでいるくらいだ。

このドラマの見どころは、この4人のセリフが自分たちにも当てはまうから見入ってしまうんだと思った。
結婚はいいことばかりじゃないけど、他人同士が我慢しながら、時には悲しくて、喧嘩して、でも無性に会いたくなったり、愛しくなったり、そんな気持ちが味わえた。

是非、続編を期待しいている。

一眼レフカメラの人気がすごい

私の周囲では一眼レフカメラの人気が突然高くなってきています。ちょうど周囲の年代が結婚適齢期になってきて、結婚式に参列することが多くなってきたからでしょうか、急にみんな写真にこり始めたのです。確かにコンパクトカメラのほとんどは背景をぼかしたりすることができないので、友人の貴重で一生に一回しかない晴れ姿を収めるにしては少し力不足かなと思えるところはあります。そこを一眼レフでとらえることで友人同士の一生の思い出になりますし、そのためだけでも一眼レフは元が取れるような気はします。
とは言え、まだまだ一眼レフは高級品だ…と思っていたのですが、今では入門機は5万円程度から手に入るようになってきているのですね。安い一眼レフでも、十分コンパクトカメラよりも迫力のある画像を撮影できて、しかも最新機種ならば動画撮影だって可能だということなので、意外とお買い得なのかもしれません。事実友人たちは結婚式の余興のビデオ撮影も一眼レフで行ったようで、そういう使い道もできるのであればコンパクトカメラを買うことのほうが馬鹿馬鹿しいのかもしれません。私も入門機程度ならば手に届きそうなので、今度ボーナスが入ったら買ってみようかと思っています。

ついにKindleを購入しました

買ってみるまでは、電子書籍にはちょっと抵抗があったのですが、Kindleを手にいれて、その便利さにすっかりはまっています。

私が購入したのは、Wi-Fiモデルのペーパーホワイトなので、8000円を切る安さ。iPadやiPhoneに比べると、タッチパネルの反応速度は鈍いですが、本を読むという用途に限ってしまえば、そんなに気になりません。Amazonからダウンロードをする時だけは、iPadのつもりでいるとちょっとイライラしてしまうかもしれませんが。

もっとも感心したのは、光量の調節です。ただ暗い、明るいを調節するのではなく、「明るいところで読む」か「暗いところで読む」かを調節するという方法になっています。特に暗いところで読む用の調節はとてもよくできています。背景の明度適度に落として、文字が黒浮きしないようにする、という方法を使っていますが、これがとても有効です。PC用眼鏡をかけなくても目の疲れを感じません。

唯一の心配は、テキストのみの書籍はともかく、PDF画像の漫画をダウンロードしていると、本体はもちろんクラウドまであっというまにうまってしまいそうだ、ということです。クラウドは有料で増量レンタルもできるようですが、手元のHDDなどに保存できたらもっといいなと思います。

Go to top